プロボウラー安藤の独り言

日本プロボウリング協会公認41期生プロボウラー安藤智宏のブログ。日々の出来事を綴ります。

2013年03月

昨日から足利に来ている。
今日行われる『足利スターレーン45周年記念』参加の為だ。
僕の社会人としてのスタート、プロ生活をスタートした場所である。
image

外壁工事も終わり、外観も綺麗になった。
23歳の春(1999年)立川スターレーンのバイトから社員登用され一人足利にやって来た。
以降8年間この街で独り暮らしをし、プロになり、色々な人と出会い、支えられ、今がある。
足利到着後、足利時代の戦友とも言える人物岩本と足利で一番旨いラーメン屋『足利麺』で味噌ラーメンを食う。ここの大将とはプライベートでも仲が良く、良く酒を酌み交わした。
超満員!そしてやっぱり旨かった。ボリューム満点!足利にお立ち寄りの際は是非寄ってみて。
image

飯を食い終わり、お世話になったお客様の家に順番に出向く。
友の会会長の家。
鍵は開いてるのは分かっている為、『ガラガラ…こんちわ~!』と勝手にリビングに入り込む。
『おう!元気そうだな!』
変わり無さそうで良かった。
足利から高尾に移って丸5年。古くからの会員さんは身体を壊してボウリングが出来てない人が沢山出て来てしまった事を聞き、少し残念に思う。
自分が歳取れば周りも歳を取って行く。
自分はまだ身体は動く。しっかりやらねばと思う。
その後、3件ご挨拶にお伺いさせてもらい、昔話に華を咲かせる。
その後、少し練習をさせてもらい、足利時代にお世話になっていたスナックに出向く。
8年間この店に通い、仕事の愚痴を吐き、励まされ、お叱りを受けたりと本当に良くして貰った。
今でもマスターには変わらず応援して頂いて、感謝に堪えない。
岩本と仕事ネタで熱い会話になる。
過去は奴との会話はちゃらんぽらんな会話だったのだが、大人になった。正義感が強くなり、男になった。
昨日一日、足利の街を走り、懐かしさ、過去の自分、お客様の事。色々な思いが交錯する中で、今の自分の方向性が間違って無い事が確認出来たし、未だにエールを送ってくれる人がいる事に感謝の気持ちでいっぱいだ。
今、自然に頑張れてる自分がいるのもこの土地のおかげ。
打たれ弱い20代。ボコボコになった日も、この土地の人間が支えて、励ましてくれた事に感謝し、今日は楽しくボウリングをするよ。
まだ、空きがあるみたい。
良かったら遊びに来て下さい。

②は明日更新しますね。
では。

練習も終わり自宅に戻る。
妻、娘は義理の妹の家にお泊り。
サッカー見ながら物思いにふける。
選手たちは悔しそうな表情だ。
こんな時の選手の心境などを聞いてみたいものだ。
スポーツは終わりは無い。むしろ終わりは引退。
そこに行き着くまで様々な挫折を味わう。

この間のレッスンでのお話。
いつも教えているジュニアの父親からこんな事を告げられる。
先日のオール関東ジュニアで予選落ちしまして・・・
本人のモチベーションが非常に低下してしまいまして・・・
しばらく試合に出たくないといっています・・・
この子の父親は非常に熱心で、常に子供の事を考えている。
まぁそれがうざったく感じる年頃でもある。
まぁ俺もそうだったし。
ボウリングは楽しく行うものだが、楽しくなる為には点数を打てる様にならなきゃならない。
そこに行き着くまでに苦しい練習、努力をしなければいけない事も本人は分かっている。
結果を求めすぎるが故の愛情。
思春期には辛かったようだ。
俺は父親に全てを話す。
ほんの一例だが『通常の親子関係を見直してみて下さい』
偉そうに言ってしまった。
ボウリングで繋がってる親子。俺はそんな風に見えていた。
思いやりが・・・愛情が・・・ボウリングだけに注がれる。
そんな感じで結果の出る子もいるだろうが・・・
その子に話を聞く。
一言、オール関東話聞いたぞ。
この一言で大粒の涙を流した・・・
正直、結果に関しては可愛そうとかそんな事は全く思っていないのだが。
自分の不甲斐なさ、結果に対しての残念な気持ち。
それもあるだろうが、俺は違うように感じた。
この涙はサイン。
一番は愛情が苦しかったのだろう。
大丈夫。お父さんには話したからな。今後、ボウリングの面倒は俺が見るからな。
ありがとう・・・ございます・・・
悔しかった、苦しかった涙。
少し休もう。な。
溢れまくる涙は止まる気配はない。
良かったな。早く挫折を経験できて。少しづつ進もう。
はい・・・
俺も頑張るから一緒に頑張ろうな。お前が誇れるプロになってやるからな。なんて・・・
また、ひとつ。俺の中で頑張れる力が。
スポーツは素晴らしい。人間でかくなれる。
マイナーなスポーツだけど涙をくれるボウリング。
将来この子達が目標持って頑張れる状況を作ってあげたいもんだ。

土曜日に元ナショナルのT君と練習した。
点数を付けたのは10G程。
その日はかなりの稼働でコンディションがグチャグチャ。
奇数レーンはそのまんま。偶数レーンは容赦なくスプレーでオイルを噴霧。
スーパービッコレーンだ。
こんな事してもボウリングがまともぢゃないのに…
さすがに向こうは掴むのが早い。
こっちはイップスになりながら、何とか投げている状態。
やると決めた事は点数が必要な状況に於いても絶対やると決めている。
1、2G目は…。
酷くて…。
少しづつまとまり始めた。
ラインが見え始める…。
が、そこに投げる再現性は…。
考え過ぎてもしょうがないので、テーマに徹する。
なんだかんだで1敗で済む。
はぁ~。
奇数レーンは凄い状況になり、奴は…
image

大笑い。
そしたら俺は…
8・10…
30枚目を打ち込む。
行かない…
飛ばす。
タイミング変えてから上手く飛ばせない…
死亡
あ~楽しかった。
色々話したよ。為になったなぁ~。
アドバイスも貰ったし。
奴は俺の一回り年下。
しっかりした考え持ってるな。真剣に話してくれてホント嬉しかった。
ボウリングは年下も年上も関係ない。
むしろ点数の打てる人間から、いかにヒントを貰えるか。
それが大事。
謙虚な訳ではない。認める事が大事。
今、俺の周りに真剣なボウリングの話を出来る人間がいない。
刺激が欲しい…。
やはり意見交換出来るチャンスは自分で作らねば。
土曜の練習は本当に楽しくて上機嫌で家に帰る。
久々にこれ呑んだ。
image

カシオレwithミツカン酢
これ、めちゃくちゃ美味いから試してみてね。
疲れ取れるかもよ。

では。

昨日、厚木ツマダボウルにて堀江プロST優勝記念大会が開催され、お邪魔させて頂いた。
昼の部のメンバーは⇩
image

夜の部のメンバーは⇩
image

昼夜合わせて130人近いアマチュアボウラーさんにご参加頂きました。
昼の部の代表挨拶で指名を受け、渋々引き受ける…
も~嫌だよ~…
年取るとこういう役目が回って来てホント嫌だ。
でもまぁ~奴の為だからな…
堀江は無難な挨拶。
チッ!つまんねぇ~の。
大変なんだよなぁ。あぁいうのさ~。馬鹿なりに考えたのだが、アドリブで言った。
あまりウケが良くなかった様にも思えたが、ひとまず安心。胸を撫で下ろす。
ボウリングもまともに出来る状態じゃねぇのに、投げる前から汗が。
脇汗ですよ。
加齢臭漂ったらどうすんだって(笑)
只今、ボウリング大改造中。練習中はイップスの連続。
お客様の前で魅せられるボウリングは出来ないだろう。
まぁ、それはさておき。
大会は実に盛り上がった。主役も楽しそうだし、お客様も楽しんでもらっているようだ。
取りあえず昼の部成功!
休憩…
テンション上げ過ぎによる極度の疲労。
控え室でぐったりんこ。皆でまったり過ごす。
タイミングを計り仲間からの記念品贈呈。
image

バカだぁ(笑)マジあほ(笑)
そして…
image

このアホ3人組は誰が一番顔色が悪いかを比べている(笑)
マジあほ(笑)
やっぱ一番まともなのは俺だけだな(笑)
まぁくだらない話で盛り上がったり、疲れて下がって…
なんてしてたら夜の部。
テンション上げるのが大変だったけど何とか…なったのか?
点数下げ下げ…
これはジジイになったからか?
夜の部の方が投げ方が良くなって、ヒントが得られたかな。
堀江は流石ホストプロ。マイナスする事は無い。
堀江、お客様共に満足出来る大会で終われた。
満足感から来る疲労がハンパない。
表彰が終わりお客様と色々とお話させて頂き、癒された会話もあり、自分も満足なチャレンジとなった。
帰りは飯。
image

閉店間際のサイゼリヤ。棚橋がチーズに対しクレームを漏らす一方、店員の接客の素晴らしさに僕は心から拍手を贈っていた。
やっぱりまともなのは俺だけだな(笑)

大会にご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました!
仲間で祝えた事、そして参加して頂いた皆様と喜びを共有出来ました事、非常に嬉しく思っています。
次はこの仲間の中で誰が優勝を…
自分でありたい気持ちもありながら、全員で刺激しあいながら頑張って行きます。
僕は残念ながら今年のレギュラーツアーは出ませんが、是非このメンバーにエールをお願い申し上げます。

お世話になった元上司Aさんが栄転の為、盛岡に転勤する事に。
金曜日はお別れ大会があった為、仕事が終わってから立川に向かった。
立川はボウリングの原点。
競技ボウリングを始めるきっかけになったボウリング場もこの場所。初めてボウリング場に勤めたのもこの場所。
色々な思い出が詰まっている。
僕がボールを持ったのは16歳。
が、高校3年間は真面目にはやってない。
ジュニア大会に出場しながら後方でタバコを吸っていた生意気なクソガキ。
熱が入り始めたのは19歳の頃。
その頃からAさんにお世話になってきた。
俺のキャリアの中では外せない人。
足利に赴任した後も色々相談にのってもらっていた。
image

相変わらず下手くそだったのだが、お客様との最後のボウリングを汗を拭いながら楽しんでる姿が印象的だった。
仕事に対し熱のある人、人に対して想ってくれる人だった。
遠くに行ってしまう。
次いつ会えるだろう。
まだまだ盛岡は雪が残り寒い日が続く。
身体に気を付けて欲しい。
慌てて買った暖かいアンダーをドン・キホーテで買って贈った。
身体見たらLサイズじゃ駄目だったかな(笑)
パッツンパッツンでも来て貰いたい(笑)
僕の中の原点の場所から、一人シンボルが去っていく。
姉妹センター同士協力出来る体制をもう一度見直したい。
出来る事はやはりやっていこう。
image

↑このページのトップヘ