プロボウラー安藤の独り言

日本プロボウリング協会公認41期生プロボウラー安藤智宏のブログ。日々の出来事を綴ります。

2014年04月

待ちに待った2014年レギュラーツアー開幕戦『2014東海オープン』が星が丘ボウルにて行われた。
シーズントライアルを入れると復帰2戦目になる。
万全の準備は出来なかった。
センターでの業務が多忙を極め、4月はあまり投げられなかった。
その代わり毎日ボウリングの事を考えていた。
タイミングやボールの事。
一番はスイングを考えていた。
ちょうど3月の終わり頃。
堀江大先生に投球に対しての感想を求めたところ『あんど~。お前スイングしょってねぇ~?前はそんなにしょってなかったぢゃん?』(こんな言葉使いだったかは定かでないが)
と言われ…
『あっ!本当ですね!一生懸命直しますね!』
それからスイングを変え始めた。
でも練習出来ない。
そんな時役にたったのは…
image

トレーニングボール
重さ4ポンド。
最近、レッスンでも使い始めている。
仕事の合間、レッスン中などに素振りをするだけでかなり効果があった様に思う。
出発前の水曜日。
エボナイト・ハンマーのボールが日曜日に届いた為、ドリルに追われる。
通常、水曜日は公休なのだが、何せ20個位注文があったもんで…
嬉しいですね。忙しいのはステータスだからね。
その日は8個ドリルをし、ボール選定。
今回のラインナップは…
image

ピボットターゲット
ソースブルー
イノヴェイト
デッドリーエイム
ドミネイトアンギュラーワン
サイクロン
バイブジェットブラック
ポリ
保険にあと2個…
ラディカルアンギュラーワン(曲がる)
レガシー(1インチ)
計10個
10個持ってくのは始めて。
後悔はしたくないのでね。
その後帰宅。準備に追われる。
3時就寝。
8時起床。
嫁仕事。娘を保育園に送らねば(^o^;)
バッタバタ(゜ロ゜;ノ)ノ
10時に厚木集合!!
その前に橋本に寄って榎本を拾わねば(゜ロ゜)
若干の遅刻で済んだ。
堀江さんが待っていた…
『おい!あんど~!ちょっと遅くねぇ~?』
と言ったかどうかはおいといて。
出発。
中井SAで棚橋、佐藤と待ち合わせ。
まさかのオバマ渋滞で出遅れの模様。先に進む。
途中で飯。
image

堀江さんのチョイス。
『あんど~。俺はシードプロとしてこの富士山の様に一番になりてぇんだよ~』
と言ったかどうかはさておき、渋滞もなく順調に進み到着。
image

星が丘ボウルはミックスダブルス以来。
相変わらず綺麗なボウリング場。
板は珍しい『サンコート』でキレッキレの板。
ソコソコ難しくなる事は想像していた。
それに対してのボールラインナップにしてきたつもり。
練習してサンディングするか考えよう。
練習の受付を済ませ、準備をすると…
A社のS氏発見!!
どんなコンディション尋ね、39フィートであることが判明。
サンコートで39フィート…
そりゃもうキレッキレな訳ですよ(笑)
練習開始。
俺ってそんなにクランカーだったっけ?(笑)
ってな位曲がる曲がる。
信人と意見交換の際、軽くサンディングした方が良いとの事。
3,000~4,000位を軽く当てる。
ややバックエンドがぼやけた。
手前はまぁまぁ感じるので、前半の2ゲームを我慢すれば後は打てると感じていた。
シフト抽選の結果、Aシフト引いた。
基本的にAシフトの方が好きだ。
安藤・堀江・佐藤 A
棚橋・榎本 B
となった。
その後ホテルにチェックイン。
さらっと食事を済ませ、俺の部屋にて皆で軽く晩酌。
何か匂う…部屋がくせぇ…
臭くね?皆も臭いという。
棚橋さんの表情がみるみる変わる…
フロントに連絡し…
『おい!ゴルァァァ~!○○○○○○○○○○!!』
と言ったかどうかはさておき
棚橋さんの怒りの導火線に火をつけた臭いは、薬品みたいな…カビのような…
そんな中であっても寝れるのが俺と棚橋。
普通に爆睡。
image

次の日部屋を変えて貰った。
目覚めも良く、朝食を取りセンターに向かう。
緊張もあまりなく、体調も万全。
リラックス出来ている。
練習スタート。
いや~!切れる!
普通のボールだとどこ行くかわかんねぇ。
とりあえず我慢出来るラインで。
5枚外。
バイブジェットブラックで我慢しよう。
とにかく我慢出来ればいいと思ったので変な事はしない。
1G 193 2G 184
とにかく変化が激しかった。
しかし、2Gの後半からラインが出始める。
ボールはレガシーの1インチ。
安定したライン取りが出来始める。
自分のルーティーンだけ守ってれば大丈夫だと思った。
3G 213 4G 269 5G 225 total 1084
まぁまぁの出だし。
焦りも無くただトーナメントの真剣な雰囲気を楽しみながらの結果。
満足はしてないが、ホッとしたのが正直な気持ちだった。
そんな気持ちを台無しにした男、堀江。
バカ打ちもいい所だ(笑)
5G 1173
こっ!このぉ~!
佐藤さんは我慢のみ。
その後、棚橋さんの榎本さんの応援をし、中野Pと食事。
その後、ホテルに帰り仮眠。
その後飯を食い晩酌をし初日が終了。
晩酌はビールとこれ。
image

なかなかお勧め♪
明日は後半なのでゆっくり休める。

②に続きます。

では。

今月20日発売予定のテストレポートです。
SOURCE BLUEは爽快な走りに劇的な切れを味わえる、自信を持っておすすめ出来るボールに仕上がってます。
PIVOT MOVEは初代~ポイントの間で、痒いところに手が届くボール。転がりとバックエンドでの安定感が売りです。
是非ご健闘下さい。
image

image

image

4/19土曜日 20時より行われます、スポーツコンディション練習会のコンディションをアップさせて頂きます。
今回ご用意するBOX数は5BOXです。
BOX毎にパターンを変えます。
アップするパターンは4パターン。
もう一つのパターンは都合によりアップ出来ませんので、当日までのお楽しみです。
因みに43フィート、比率、1.85 : 1 です。
この数値を見て、A社のS氏はズバリ分かったはずです(笑)
デイリーパターンもあります。
ロングパターンが多いですね♪
全部が全部ロングでもと思ったので、ミディアムを一つ、何とか攻略出来そうなレベルの物を入れてみました。
非常に楽しみですね♪
完全予約制の練習会となっております。
キャンセル待ちも受け付けてます。
よろしくお願い致します。
尚、来月は違う趣向で行いたいと思っています。
詳細は当日お話し致します。
image

image

image

image

プロボウラーの大半はボウリング場に所属している。
投げる以外の仕事が多いのが現状である。
フロント、プロショップ、LTB、レッスンなど。
最近思う事。
全てに対して今一つ知識が足りない気がする。
自分はあまりフロントはしていない。
仕事の大半はLTB、レッスン、プロショップだ。
この歳になって自分が今まで培って来た知識だけでは手詰まりになったというか、もうワンランク上に行かなければならないなぁと。
今年は1年間に6回折り込みチラシを出し、1枚のチラシに3~5コースのペースでLTBを開催する計画。
ざっと計算しても1回の折り込み募集で70人~100人。
年間でおおよそ400人~600人を相手にボウリングを教える事になる。
もちろん、俺だけではない。
一人でこの人数やったら死ぬ。
まぁでも半分は俺なのだろう。
今だかつてない規模。まさに攻めの営業。
もちろん、受講者の全員が続ける訳では無いが、70%~の定着率を目指す。
ボウリングの魅力を教え、ボウリングを好きになって貰うLTB。
プロ入りから幾度となく行って来た。
ボウリングが存続していく上では絶対必要な仕事だ。
問題はリーグにした後だ。
1年後、2年後…人数は減って行く。
当然、続けたいのに健康上の都合でやむを得ず辞めるケースもあるが。
ボウリングが上達しないから辞めるケースは指導力不足。
今までの指導は上達の為の指導では無くて、続けて貰う為の指導だったのかなと。
ボウリングを続けて行くにあたり健康維持に大きなメリットがある事は間違いないのだが、生徒さんは生徒さんなりに点数の目標を持っている。
むしろ持たせてあげたい。
その上で目標を達成させるのは指導力だ。
今まではビジネスライクに続けて貰う為に一生懸命だった気がする。
上手になればなる程、快感度が増していくのはどの競技もそう。
上達の過程に対して壁はつきもの。
今まで避けてきた、厳しめの言葉を掛ける事も必要。
もちろん、一人一人の心技体を加味しながらだが。
週に1回だけのリーグじゃあ限界があるのだ。
今、ボウリングのピラミッドの頂点が危うい。
ピラミッドの頂点とはコアなボウラー(競技ボウラー)の事。
JBC・NBF・ABBFと毎年会員が減少。
歯止めが効かない。
競技ボウラーが少なければメーカーも潰れてしまう。
最近、棚橋ともこんな話ばっかしている。
指導力には個人差がある。
指導力に優れた指導者は色んな形で優遇される事になるが、優遇された指導者は他の指導者に自分の腹は見せたがらない部分もある。
今の業界の状況からして、そんな事を言ってられる状態ではないんだけども。
指導内容を共有する事の難しさは他のスポーツよりも難しい。
そんな中、自分に対して包み隠さず言ってくれる人は本当に有り難い。
最終的には自分の出来る範囲になってしまうのだが、今の人間関係を大事にし、前進する事が業界の発展に寄与するものと信じる。

そんな事を考えていた矢先…
巨星墜つ…
JPBA1期生 すみ光保プロがおなくなりになりました…
初めて行ったインストラクター講習で講師をして頂いた事は今でも鮮明に覚えています。
良くエッセイを読ませて頂いて共感していました。
頭が良くて、オシャレで、ブレなくて。
本当にかっこいい人でした。
講義に熱をとても感じました。
この歳になって少し…だけ…近づけたか…
足元にも及ばない。
ボウリング一筋ずーっと突っ走っていたのだろうか。
多分、そうなのだろう。
少し自分とダブらせて考えていた。
俺はどうなのだろうと。
自分の未来予想図にボウリングを一生のライフワークとして図面にあるだろうか。
自分の今現在の結論は間違っていないのか。
人の死は考えさせられる。
心から御冥福をお祈り申し上げます。

次はレッスンについて書きます。

では。

今は夜の1時半。
最近思った事を綴りたい。
昨日になるが、久し振りに自センターでのチャレンジ。
56名定員でキャンセル待ちが出る事態に。
物凄く嬉しい。
結局、キャンセルが発生してキャンセル待ちの方も全員出られて参加者は51名様。
ご参加頂きました皆さまに心より御礼申し上げます。
ここ最近では女子プロ人気が押してる中で、二流男子プロのチャレンジにこんなにも沢山の方が来る事は異例かと。
だがしかし、俺の人気があるからこんなに集まっているのではない。
高尾スターレーンというボウリング場が素晴らしいからである。
約1,100名様の会員。週60本のリーグ戦。
それを支えるスタッフ。
集まって当たり前なのである。
そんな中で俺は生かされていて、沢山の方に可愛がられている。
自分で自分の事を優秀とは思ってはいない。
そりゃ大半の人はそうだ。
自分の過去を振り返った時、未熟な人間だったなぁ~と思える。
今でも自分の事を生意気と思ってる。
今は人を悲しませたくはないから、極力気を遣ってるつもり。
でも皮肉な事に、過去に人を傷つけたり、悲しませたり、怒らせたりしなければ優しくなれないのだ。
昨日以降の自分はやり直せない。
悔やんでも仕方がない。
反省して前進するのだ。
俺は人の悪口を言って、自分の事を良く言う人間は嫌い。
内輪で言ってる位ならまだしも、あっちでペラペラこっちでペラペラ。
そんな人は自分で自分の首を苦しめるだけ。
勝手に言えばいい。
何度も言うが、俺は生意気。
うちのお客さんはよ~く分かってるはず。
でも成長している事も分かってくれている。
だから集まって頂けたのだと。
僕も一生懸命声掛けをさせて頂いたし、スタッフも集めてくれた。
やはり一人では生きていけない。
俺は生かされている。この人達にと。
今日はそんな気がした。
10人いれば10人違う人間。
人口分の性格があるわけで、そりゃ合う合わないもある。
でも楽しんでもらいたいじゃん。
だから自分もボウリングを楽しまないといけないと。
いや、とっくに楽しいですが(笑)
自分だけの力でチャレンジが集まった訳ではないからこそ嬉しいのかな。
だから、人に注ぎたいんですよ。
みんなに。
お節介ヤローですよ(笑)
焦ってる訳ではないんだけど時間がなくて…
忙しいけど、忙しいから可愛がって貰ってるのだと思える。
今年こそ両方頑張れそうな気がしてる。
社会人・ツアープロ。
両立して、長く続けられる様に、結果を出し、ボウリング人であり続けられるように。

とにかく、ボウリングは最高だぜって事になるね。

何か良くわかんねぇ更新でしたがお読み頂きありがとうございます。

では。

↑このページのトップヘ