人間は独りでは生きていけない。
いや、生きてはいけるだろう。
しかし、クオリティーの高い人生を送るにあたって、家族、仲間、友人などから影響を受け、自分が形成されて行く。
その中で知らなくってもいい様な情報も貰ってしまったりもするが、そんな情報も良い、悪いをジャッジ出来る要素になり、成長に繋がっていく。
人間関係で一回たりとも困らなかった人はほぼいないはず。
どんなに信頼してる人でも、時にぶつかり、関係を終える事もある。
そして、自分が傷つく事を恐れ、人に優しくし偽善者ぶる事もある。
俺は言いたい事はストレートに言う方だ。
相手の気持ちを考えずに、言ってしまった事が時に相手の心を傷つけているだろう。
俺は今までの経験の中で、自分が傷つきたくないから、人を傷つけたくないから、独りでいた時もあった。
しかし、今、本気で付き合える人間が周りにたくさんいる。
しかし、傷つけられれば、もう仲間なんかいらねぇよ。
なんて腹がたった時は考える。
しかし、仲間は本当に大事で、基本的には諦める事はしない。
しかし、この様な世界。
皆、敵だ。
時に雑音から解放され、自分に集中する事は必要。
そして人の気持ちを分かる様になる為にも絶対必要。
やり切った一流の人間は優しい人が多い。
心にもゆとりがあるからだろう。
ただボウリングが上手くなりたい。
だから依存しないストイックな部分もある。
独りで生きていてもつまらない。
でも、先に進むのは皆一緒には進めない。
人に頼る前にしっかりやる自分がなけりゃ、相手を傷つけるだけ。
今は投げる度に上手くなっている。
こんな世界観は今までなかった。
プライドはとっくに捨てた。
人から教わる事は素晴らしく、そして苦しい。
それを知って少し成長出来てる。
だから人と関わる事はやめられない。
今は独りがいい。
今は余計な事が面倒。
余裕がある時は鼻くそ程度にしか感じなかった事が、本当に損に感じる。
今の自分が嫌い。
でもプロだ。
上手くなる為にはあってもいい孤独。
人を傷つける事もないし。
暫くはこんな感じで。
強く優しい奴になろう。