2日目。
投げ始めが夕方なのでホテルでノンビリ過ごす。
テレビを見たり、ブログを更新したりと。
ボウリングの事は考えていない。
昼になり腹が減る。
棚橋と佐藤秀とアマチュアさんがホテルに来て昼飯。
棚橋は部屋に戻り昼寝。
その間に俺と棚橋の服の洗濯をする。
いつもお世話になってる棚橋さんの為、丁寧に扱う。
image

パンツに変な物質がついていたかどうかは別にして…
俺も昼寝…

そして時間になり準備をする。
センターに着くと女子が投球中。
予想通りインサイドを投球している人間はおらず、中のオイルが残っている状態が予想される。
まぁ、投げてみなきゃ分からんが。
この時点での自分がはじき出したカットラインは1900ピン +100ピンだ。
俺のスコアは6Gの時点で+71ピン。
今日の3ゲームで+30ピンすれば安全圏と考えている。
練習ボールが10分しか無い為、身体が早くボウリングに馴染む様にストレッチ。
練習ボールスタート。
アブソリュートフックとイノヴェイトを投球。
若干オイルを感じたので、アブソリュートフックを選択する。
が…
奇数レーンの削られっぷりがハンパ無かったので、3フレでイノヴェイトにチェンジ。
フッキングポイントをやや中に移し、縦目にラインを取る。
苦戦…
どうしても奇数が…
最終的には板目が6枚違っていた…
対処が遅かった。
1G目 185
特に焦りも無く、次に気持ちは切り替わる。
ポケットついて倒すのみ。
スプリットスタートも冷静にゲームを運べたと思う。
何とか7フレからオールウェー。
2G目 218
この時点でtotal+74ピン。
最後226で乗っかる。
計算はしていた。
あまりプレッシャーも無く最終ゲームへ。
スプリットスタート。
ストライク
スプリット
ストライク
スプリット…
偶数レーンがハッキリしなかった。
5フレで63ピン…
不思議な事に焦りはなく、冷静だった。
しかし、ここは勝負しなければいけない局面。
厚めのスプリットだった立位置を変えず、ストロークをやや振った。
やっと繋がる。
実際には6フレの時点で厳しい状況。
何があるか分からないのがボウリング。
諦めない。
しかしターキーにはならず。
万事休す。
3G目 172
最終ゲームで一番低いスコアに。
3Gtotal 575ピン 9Gtotal 1846ピン
カットラインは 1888ピン

悔いが無いと言ったら嘘になるが、実力を全部出せた事に対しては清々しかった。
これがこのジャパンオープンでの結果だ。
悲観的になる事も無い。
結果がいいに越した事はない。
が、今の自分に大事な事は、来年に向けてどう戦えたのか。
ノルマは達成出来た。
まだ実力不足なのは分かってる。
でも少しだけ…
光が見えたのかな…
その光は結果にならないと光らないのだが…
今年はこれで終わり。
苦しかったフォーム改造。
最終的には自分を褒めてやれるレベルになれた。
正直しんどかった。
ぶち壊す事の大変さを思い知った。
もう少しの我慢。
我慢は報われると信じ、来年に向かいます。
応援ありがとうございました。
皆さんがいるから頑張って来れたかと。

次はジャパンオープン番外編を書きます。
仲間との行動は楽しい事ばかりだ。
そんな部分を書いていきます。

では。
image

image