先日、自宅で飯を食い終わって妻と話していた時の事。
妻とはめったにボウリングの話はしないのだが、最近のボウリング感を語ってみた。
因みに妻は運動神経はいい方だとは思う。
スポーツをしっかり理屈で説明する事が非常にうまい。
たまにいいヒントが得られる事がある。
妻は過去にソフトボールをしていた。
今はテニスが趣味。
最近、プッシュアウェイ時に前腕が痛くなる事を明かす。
日常生活に於いても支障が出そうな感じも。
例えば、書き物、食事(箸)長時間持っていると前腕が痛むのと、攣ってしまう。
今まで怪我をした事で投球フォームを変えて来た。
タイミングを遅くした事で、前腕に負担が来ている事は分かっていた。
色々と試行錯誤をするも、あまり良いものが見つからず悩んでいた。
師匠に見てもらった時にタイミング早くしたの?と聞かれ、前腕の事を明かした。
タイミングを早くすると、前腕に対しての負担が軽減されていたのだが…
下半身をもっと使い、上半身の負担を減らす事をテーマに今後はやって行く事になりそうだ。
話を戻すと、嫁曰く『プッシュアウェイ時に肘の位置は動かさずにやれば?ボールを前に出さなければいいじゃん。』と。
『テニスのスイングも肘は腰の位置にあり、尚且つ下半身がボールに向かったら打つ』だったかな?
image

アザレンカ。こんな感じか。
ソフトボールをやっていた時期の練習法からも理屈で説明してくれて感心しきり。
そう言われればそうである。
ボールを前に出そうとすれば、上半身でタイミングを作ってしまいそうだしな…
なるほどなぁ~。
これは試すしかないよな。
リーグ戦で試す。
ドリルをまた変えていたのと、中指を怪我していたのもあってスペアボールをハウスボールの12ポンドに。
プッシュアウェイを試す♪
なかなかいい♪
4G 970位だったかなぁ。
まぁ点数はいいとして。
プッシュアウェイもそうだけど、ハウスボールの感じが良くて。
コンベンショナルグリップ…
いいね♪
以前にもスペアボールをコンベンショナルにした事はあったが、拾うボウリングをしていた為、あまり意味なかったんだよね。
今回も試してみようかな。

何気ない会話の中で得られる物。
ボウリングに限らず、人に限らず。
他のスポーツの共通点から見つかる物は結構ある。
今までボウリング以外に理屈でスポーツした事は無かったし、しても帰宅部だったからただやってるだけ。
最近、ゴルフの練習もやってないし、ボチボチ行ってみようかな。

ボウリングの理屈はスポーツの理屈である。

では。