先週ひいた風邪は完調とは言えないまでも、日常生活に支障なし。
風邪が流行ってる。
やはり基本に戻り、手洗いうがいだな。
自分の子供に言ってる事を自分でもやんないとね。
皆さんもご自愛下さい。

トライアルも1週間後。
気持ちのセットアップは出来たものの、右太ももの具合がよろしくない。
昨日練習した時も痛みが再発。
痛くなった時の投げ方も視野に入れ、痛みが出た時の無理の無い投げ方も合わせて練習しておいた。
やはり手投げになるので球威、曲がりは落ちる。
その状態に合わせたライン取りだったり、ボール選択だったりを冷静に現場で出来るか。
欲張らないで妥協も必要だな。

暫定ボールラインナップは
コールドブラッド(ハンマー)
イノヴェイト(エボナイト)
アーソンハイブリッド(ハンマー)
バイブジェットブラック(ハンマー)
カーブボール(エボナイト)
ポリ

自センターでも同パターンで練習したり、出稽古しながら考えよう。

話は変わるけど、アマチュアさんは色んなレーンコンディションで投げる機会って少ないはず。
先日もFBにアップした企画をやり始めます。
image

少しでも作られた難しいコンディションを体感して頂きたくて企画しました。
『プロはいつもこんな難しいコンディションで投げてるんだぞ!』って言うことではない。
難しいコンディションは幅が無い訳だ。
幅が無かった時…
どうします?
ボールチェンジしたり、スピード変えたり、回転方向変えたりと…
人によってアジャスティングは様々な訳だ。
しかし、免疫がなければ、自分の投げ方が勝手に崩れるだけ。
俺も崩れるけどね(笑)
だから投げて頂く事に意味がある事と思う。
自分の弱点を知る為にも、免疫力を付ける為にも是非ともご参加下さい。
この企画は俺のエゴも含まれてる。
優しいコンディションは投げ方が甘くてもストライクになる。
『自分の投げ方は悪いけど、コンディションが良いから点数が出た』
これはソコソコボウリングを知っている人の言葉。
『レーンコンディションが難しいから自分のボウリングをさせてくれない』
反省の質が変わる。
ボウリングはスポーツなんだよな。
優しいコンディションばっか投げて、別に悪いとは言わない。
ボウリングの本質を知って欲しい。
デイリーな環境でスポコンを投げる機会が無いと、日本のボウリングは後退する。
ただでさえ日本はスポーツ後進国。
小さいきっかけではあるが、せめてブログを見て頂いている方には感じて頂きたいですね。

2月15日は定員に達しました。
次回は3月15日土曜日20時より同じ内容で行います。
参加希望の方は予約制になりますので、高尾スターレーンまでご連絡を頂くか、FBでご連絡下さい。
毎回ゲストプロをお呼びします。
因みに2月15日は…
image

この方です!

では。